ネットショップSEO対策の基礎

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

ネットショップサイトのSEOについて書いています。

ネットショップサイトはまず魅力的な商品を陳列することが第一ですが、いくらいい商品を並べてもサイトが使いずらく、購入までのナビゲーションが円滑でないと売上にはつながりません。
そしてサイトを改善したとしても、それがSEO的に価値の高いサイトでないと自然検索で上位に表示されず、多くの流入を望むことはできません。
ネットショップサイトの広告戦略としてはリスティング広告やSNSの活用などがありますが、長い目で見るとSEO対策でしっかり自然検索で上位表示させることは必要不可欠になります。

まずSEO対策ですべきこととしては、タイトルタグやh1タグに適切なワードを含めることです。このタイトル・h1に入れたワードが検索でひっかかるワードになりますので、ここに適切なワードを入れないといくらサイト内を改善しても検索でヒットしません。
またSEO対策としてはオリジナルコンテンツがどれだけ多く含まれているかも非常に重要になってきます。トップページに最低でも1000文字のテキスト、しかもそのサイトに関する有益なワードを多く含んでいることが大切になります。
逆にコピーコンテンツ(内容の重複するページやテキスト)があれば、それはSEO的にもマイナス評価になります。例えば同じ商品のデザイン違いだからといって、画像だけを差し替えて後は元のページと同じ内容を掲載しているとそれだけで検索順位がずるずると下がっていくことになります。ネットショップサイトのSEOは決してテンプレートを当てはめていくだけではなく、手間暇をかけて魅力的なページを多く作っていくことが大事になってくるのです。

そしてSEOは内部修正だけではなく、外部からの対策も必要です。
検索順位というのはそのサイトの価値によって順位が決まってくるので、いかにそのサイトが他のサイトから賞賛されているか、というのも重要になってきます。つまり、他サイトからのリンクが多ければ多いほど、そのサイトの価値は高まっていくのです。またそのリンク送り元のサイト自体が価値の高い、検索結果が上位のサイト程リンクを送る力も強くなり、サイトの価値も高めてくれます。
自然に外部からリンクを送ってもらえればそれにこしたことはないのですが、リンクを送るまで待ってはいられませんので、SEO対策として被リンクを作成し、そこからパワーを送って検索順位を押し上げる施策を取ります。SEO対策会社に依頼することで多くのテキストを盛り込んだ被リンクからパワーを送るのですぐに順位に反映されることでしょう。

サイトの最適なコーディングからSEO対策まで一貫してやってくれる業者はいくつもあるので、売れるネットショップサイトを構築するためにこのような施策に取り組んでいきましょう。

ネットショップSEOで売上を上げるための施策をしよう